新入社員のときに分かったふりをすることはダメです

新入社員がやってはいけないNG行動

新入社員のときに分かったふりをすることはダメです

新入社員にとって、新しい仕事への期待よりも不安の方がずっと大きいものですよね。

「仕事が覚えられるだろうか」「自分の能力でこなせる仕事だろうか」という小さくない不安を抱えてしまうのが、新入社員というものでしょう。

新入社員当時、私も今のあなたのような不安を抱えていたものです。その経験から、仕事を覚える際に絶対にやってはいけないNG行動をお話ししますね。

それは「わかったふりをすること」です。どんな仕事でも、新入社員は先輩や上司からのレクチャーによって、仕事を覚えていくわけですよね。

その際、大事なことは、少しでもわからないことや疑問に思った点について、そのレクチャーをしてくれている人に質問して、問題を解決することなんです。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、新入社員にとって、これは案外高いハードルなんです。

新入社員には遠慮や不安がありますから、「今、質問して、上司の話を中断させるのはまずいんじゃないか」とか、「こんなことを聞いたら、使えない新入社員と思われるのでは」というようなことを考えて、二の足を踏んでしまいがちなんですよね。

そして、結局わからないことをそのままにして、「わかったふり」をしてしまうことが、意外と多いんです。でも、これはぜったいにNGです。

わからないことを残したままでは、いつまでたっても仕事を覚えることができません。それは、自分にとってマイナスというだけではなく、レクチャーしてくれた上司や先輩にとってもマイナスですよね。「少しでも早く仕事を覚えてもらい、戦力になってほしい」というのが、新入社員い対する上司や先輩の思いです。

その思いに報いるためにも、仕事に関する疑問点や理解できていないことについては、どんな小さなことでも、どしどし質問して解決していきましょう。

わかったふりをして、仕事を覚えられないでいたり、間違ったやり方をしてミスをすれば、周囲に迷惑がかかりますし、上司や先輩から叱られる原因にもなるんですよね。

そんなことにならないよう、「わかったふり」だけは絶対にやめましょう。これが私からのアドバイスです。


メニュー

Copyright(C) 2016 新入社員がやってはいけないNG行動 All Rights Reserved.