すぐ言い訳をしてしまうのはNG

新入社員がやってはいけないNG行動

すぐ言い訳をしてしまうのはNG

新入社員で会社に入ったけれど学生時代の生活が中々抜けなくて、先輩や上司に叱られてしまうことってありますよね。

叱られない様にしたいのですが、どんな行動をすれば叱られずに済むのか分からないことが多々あるかと思います。

私も新入社員の時には叱られてばかりで、どうしたら叱られずに済みのだろうかといろいろ悩んだ時期があります。

今回は、そんな悩みを持つ方に新入社員がやってはいけないNG行動を2つご提案させていただきますので、今後の参考にしていただければと思います。

1つ目は、理解したフリをするのは絶対に止めましょう。

私も経験があるのですが、新入社員の頃は中々先輩に意見したり質問したりすることに抵抗を感じ、また、自分ができる人間だと評価してもらいたくて、ついつい相手の言っていることを理解していないにも関わらず、「分かりました!」と返答してしまいがちです。

しかしながら、これを繰り返していると何年経っても基本的なことが分からずに社員としての成長が遅れてしまい、後に「こんな簡単なことも分からないのか!今まで何をやってきたのか!」と言われる等、取り返しのつかないことになってしまいます。

そのため、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という諺もありますが、必ず分からないことがあったら理解できるまで質問する様にしましょう。

最初の内は聞くことが恥ずかしいと思いますが、「自分は新入社員なのだから分からないことがたくさんあって当然だ」と逆に開き直っていった方が自らを効率的に成長させることができます。

2つ目は、すぐ言い訳をしてしまうのはNGだということです。

会社の先輩からしてみると、新入社員は言うことを聞いて当たり前という考え方を持つ人が多いため、言い訳をすぐする新入社員にはあまり良い印象を持たずにその後もそういう人間性なのだと決め付けられてしまいます。

例え、自分に非が無かったとしても取り敢えず謝っておく癖をつけておくことを心がける様にしておくのが良いでしょう。

入社してから数年経てば、だんだんと言い訳をすることが可能となってきますので、それまでは辛抱する様にしましょう)


メニュー

Copyright(C) 2016 新入社員がやってはいけないNG行動 All Rights Reserved.