自分自身の姿を俯瞰で見るクセをつけることが大切です

新入社員がやってはいけないNG行動

自分自身の姿を俯瞰で見るクセをつけることが大切です

新入社員が直面する悩みには様々ありますが、最初に教育係りとして付いてくださる先輩しだいで、かなり変わってきますよね。

世話好きで仕事ができる先輩がついたなら楽しく仕事を覚えられそうですが、残念ながらそんな人ばかりではありません。

むしろそんな先輩は稀な存在です。

相手も普通の人間ですので、指示がいい加減なせいで完璧な仕事ができなかったり、時間にルーズで振り回されたりすることもあります。

真面目に頑張る人ほどそんな先輩を尊敬することができず、ついつい反抗的な態度をとりたくなってしまいます。

しかし、どんなに自分より劣って見えたとしても、相手は先輩だということを忘れてはいけません。

理論武装で相手をやり込めたり生意気な態度をとることは、社会人としてのマナーに反します。

ではどうすれば、日々モヤモヤしてしまう心を少しでも軽くすることができるのか。

先ずは相手の欠点ばかりに目を向けるのではなく、自分自身の姿を俯瞰で見るクセをつけることが大切です。

自分は頭でっかちになってはいないか?プライドが高過ぎて傲慢になってはいないか?

あなた自信が頭から相手を否定しているようでは、物事は絶対に上手く進みません。

先輩を否定せず、認めていながらあなた自身の行動で先輩の意識を変えてしまうくらいがよいのです。

先輩の指示が曖昧で困った時は、自分からフォローしてみましょう。

積極的に質問を投げ掛けるあなたの姿は、周りから「やる気のある仕事のできる新人」として一目おかれ、一石二鳥かもしれません。

ハッキリと言葉にすることで、間違いに気付いたり言質をとることもできます。

もしも待ち合わせの時間が心配な時は、まだ間に合う時間に「今どこですか?」と催促の電話を入れてみる。

何度だって入れてみる。さすがに先輩も懲りて時間を守るようになります。

悪意があってしているわけではないので、先輩も怒れませんよね。

そして何より忘れてはいけないのが、仕事のペースを乱されているのは先輩も同様だということです。

人を教えるという行為は難しい。ベテランの教師でさえそうだと言いますから、きっと尚更でしょう。

自分自身がよき生徒であることを心掛けることで、お互いに気持ちよく仕事をしていきたいですね。


メニュー

Copyright(C) 2016 新入社員がやってはいけないNG行動 All Rights Reserved.